保健室の看護師さん

小学校と中学校の保健室の先生になるためには、養護教諭の資格が必要です。
その他の学校の保健室では、看護師か保健師の資格があると勤務することができます。
大学の場合は学校医が常駐していれば、そのサポートに当たる場合もありますが、
日ごろは小中学校の保健室と同じく、具合が悪くなった生徒のケアや、怪我の処置、カウンセリングなどを行います。

保健師は普通の看護師以上にコミュニケーション能力やカウンセリングの知識などが必要になり、多感期の生徒の大事な相談役としての役割もあります。
保健室登校の生徒と上手く向き合って教室に復帰できるように、心のサポートをしてあげたりもします。
また時には生徒何百人もの、身体測定の準備や、健康管理、予防接種のスケジュールを立てたりなど、仕事内容は意外とハードです。
しかし保健室や医務室で出来る医療行為は限られていて、保健室や医務室の看護師が、行うことは簡単な応急処置以外ほとんどありません。
そのため、判断力なども重要になって来ます。熱がある生徒の様子を判断して早退させてあげたり、
怪我の様子を見て病院への受診を薦めたり、早めの対処が肝心になってきますので、観察力なども必要ですね。
勉強意欲がないと勤まらず、憧れだけでは到底無理な職業です。

現在看護師の方はスキルアップとして、保健師を目指すのもいいかもしれませんよ。
30代の看護プラス:http://kango-plus.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です