キャリアアップのもうひとつの選択肢がある

看護師のキャリアアップというと、看護主任や看護師長を目指すような病院内での役職を上げることや、進学や資格取得によって自分自身の技術や知識レベルを上げることを考えますよね?でも、実はもうひとつ方法があるのです。それが「それまでの自分の看護師としての経験を活かした転職」という方法です。

看護師は病院に限らず様々な職場で必要とされています。
看護師として長く働いていると、自分のライフスタイル、そして看護という仕事への考え方などから「今の働き方で本当にいいのかな?」「自分に対するこの待遇は妥当なのだろうか?」という疑問がわいてくることもあるものです。そうしたときに、現状に甘んじて働き続けることもひとつの選択肢ではありますが、自分のライフスタイルや看護への考え方にあった新たな職場を探すというのもまたひとつの選択肢なのです。

たとえば看護師としてのキャリアを活かして一般企業内にある医務室などに勤務する企業看護師、地域の人々に健康管理についての相談を受けたり、病気の予防について周知する保健師などの仕事もあります。さらに医療現場での経験やコミュニケーション力を活かして治験コーディネーターなどの仕事でも看護師は必要とされています。
こうした職場と病院勤務の看護師の一番大きな差は働き方ではないでしょうか?

病院勤務の看護師には夜勤がつきものであり、休日も不規則です。結婚し、子供を産み育てる女性にとって、病院での看護師としての勤務は家族の理解と協力が必要不可欠であり、それが得られないために看護師としてのキャリアを諦める人も少なくありません。そうした看護師としての仕事を続けられるかどうか迷ったときに、ピンチをキャリアアップのチャンスに変えるひとつの方法として、職場環境を変えるという選択肢があることを知っておきたいものです。

転職をする、今までのキャリアとは全く違った職場で働くということはとても勇気のいることです。なおかつ、忙しい医療現場で働きながらの就職活動というのはとても過酷なものだと考える人も多いのではないでしょうか?しかし、人の命を預かる責任ある仕事であるからこそ、仕事に対する高いモチベーションは必要不可欠であり、高いモチベーションを保つためにはあなたにとってよりよい職場環境が必要不可欠なのです。

看護師は今、日本全国で不足しており、その事態は深刻です。せっかくのあなたのキャリアを無駄にすることなく、さらなる飛躍を遂げるためにも、転職という看護師としてのキャリアアップの方法は大きな選択肢の一つと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です